消費税増税

増税の反対理由

スポンサードリンク

 

増税の反対の理由について調べてみました。

 

消費税の増税に反対する理由なんて簡単というか、実に単純だと思います。

 

そんなの税金を払いたくないから

 

に決まってます。

 

もちろん、それらしい理由はいくつも他にありますよ?

 

  • 曰く、行政改革が叫ばれている中で消費税以外の「税金の無駄使い」というものに対して問題が解決していない。そちらを優先して解決すれば消費税を引き上げる必要はない。
  •  

  • 曰く、税・社会保障の一体改革としての増税であるといわれているものの、社会保障について具体的な説明がされていない。つまり、増税で得た税金が何に使われるかが分からない。
  •  

  • 曰く、増税の決定をしたのは民主党ですが、誰がどう見ても明らかな公約違反。増税はしないって言ってたのに結局やるというのはどういうことなのか。

 

などなど。

 

どれもちゃんとした理由でありますし、どれもが真実だと思います。

 

税金の無駄を無くして欲しいというのも以前から取りざたされてきた問題ですし、破綻という言葉が出るような社会保障に対してさらに税金を預けるというのもどうかと思ってしまいます。

 

しかし一人の国民からしてみれば、そのような大きな税金の話は雲の上の話であり、いまいちピンとこない話かもしれません。

 

結局のところ自分の財布からお金が出ていって家計が苦しくなるからというのが一番だと思います。

 

現時点で、給与のアップなどが明確に決定していれば話も変わってきますが、給料同じなのに税金だけ上がるのであれば、誰だって反対しますよ。

 

個人的な思いも入った記事になってしまいましたが、みんな胸に手を当てて考えればきっと同じはず。

 

個人それぞれの胸のうちにある「税金払いたくない」という気持ちの話も当然ですよね。

 


スポンサードリンク