消費税増税

住宅購入のローン減税

スポンサードリンク

 

一生のうちで一番大きな買い物である住宅やマンション購入ですが、増税によって買うタイミングをどうしたらよいか迷っている人も多いのではないでしょうか。

 

住宅購入タイミングを検討しているあなたのために。

 

消費税増税と抱き合わせで決まった「住宅ローン減税の拡充」について説明をしたいと思います。

 

住宅ローン減税の拡充というのは、基本的に借入額が多い人に得になる変更で、住宅ローン残高が2000万円以下の人は変更なしです。

 

今までは一般住宅の場合で年末残高の1%が控除できるとしながら、2000万円を超えていても上限が20万円だったのに対して、平成26年4月1日からは40万円まで控除できるようになりました。

 

これにより40万円で10年間で最大400万円までが控除額となるのですが、注意点は年末残高という言葉です。

 

つまり年末時点での住宅ローン残高の1%が40万円まで控除できるのであって、それがずっとではありません。

 

また所得税から控除されるものでもあるので、所得税の額が上限であることも忘れてはいけません。

 

たとえ40万円まで控除できても、所得税が20万円ならば、20万円しか控除できませんからそも注意です。

 

ちゃんと計算して自分の控除額を確認しましょう。

 

とはいえ、今までより控除額が増えたのは間違いありません。有効に利用しましょう。

 

結局増税後は今までよりも得になるのかというと、結局場合によるのです。一概に得になることはありません。

 

計算すると分かるのですが、借入額が多い人(例えば年収800万円で3000万円ローンの場合)は得になりますが、少ない人(年収500万円で2000万円ローンの場合)は逆に損というか、負担増になるのです。

 

ファイナンシャルプランナーなどに事前に相談して、自分の場合で得になるかを調べてみましょう。

 


スポンサードリンク